愛知・岐阜・三重であなたの理想を叶える、自由設計の注文住宅 | アキュラホーム

意外と盲点!カーテンタイプ

2021/9/5

愛知県(名古屋市・日進市・春日井市・一宮市近郊)・岐阜県(岐阜市・各務原市・多治見市近郊)で新築注文住宅を自由設計でご検討の皆様、こんにちは❕
アキュラホーム名古屋支店です。

前回のコラムでは家のスタイルについて配信させて頂きました。

★過去の投稿【おしゃれに仕上げるならトータルコーディネートが大事!】をご覧になりたい方はこちらから★

トータルコーディネートをする上で、カーテンも大事な要素の一つ

カーテンも奥が深く、色んな種類があります。

なので、今日はカーテンの種類について投稿させて頂きます?

ドレープカーテン

ドレープカーテンはカーテンの中で最も一般的なタイプのカーテン。

様々な素材が使われていたり、色や柄、織り方なども様々でデザインの種類も一番豊富です。

また、遮光性・防音性・断熱性・保温性などの性能付きカーテンを選ぶ事も可能です。

開閉もしやすく、掃き出し窓などで出入りする窓にお勧めです❕

レースカーテン

ドレープカーテンの内側につけるのが一般的。

生地が薄いので、外からの視界は遮りながら適度に光や風を通すことが出来ます。

生地の裏面に特殊加工されているものであれば、一枚でも十分対応出来るものもあります。

レースカーテンにも生地や柄、色、刺繍などされているデザイン性が高いものも沢山あるので、選ぶものによっても雰囲気が変わります。

シェード

カーテン生地に昇降器具を取り付けて、上下に開閉するカーテンの事を言います。

窓の両端に生地を寄せる必要が無いので、小窓やスリット窓に最適!すっきりした印象に◎

カーテンと同じ生地で作ることが出来るのも大きなメリット一つ。

同じお部屋でも、使う窓の種類・大きさは様々。

大きな掃き出し窓にはドレープカーテンを付けたいけど、小さい窓にはシェードがいい、という時に同じ生地で作る事が出来れば統一感も与えることが出来ます。

布の織り上げ方によっても雰囲気が異なるので、お部屋の印象で選ぶとおしゃれ感がアップ❕

ロールスクリーン

ロールスクリーンは布を上に巻き上げるタイプのカーテンです。

表面にカーテンの様なひだが無いので、ロールスクリーンを下げている状態でも、上に巻き上げた状態でも一番すっきりしています

ただ、ドレープカーテンやシェードの様にレースカーテンと併用する事が出来ないので、外から中が良く見える窓に使ってしまうと、ロールスクリーンを上げた状態ではプライバシーの確保が難しいという点も。

すりガラス(中が見えにくい窓)を選択する、もしくは収納の目隠しなどに使うのもポイント❕

プリーツスクリーン

スクリーンにプリーツ加工がされている、ジャバラ状の生地を上下に開閉するタイプのカーテンです。

シェードやロールスクリーン同様、すっきりした印象。

選べる素材として、ファブリック、また和紙のような生地を選ぶことも出来るので、畳コーナー/和モダンなテイスト時に選ぶのも◎

ブラインド

羽根が何枚も組み合わさって出来ているもの。

こちらもすっきりとした印象を与えます。

今はブラインドも様々な種類があり、木調のもの、布製のもの、従来のアルミタイプのもの。

上下に開閉するタイプもありますし、左右に開閉する(羽根が縦に落ちてくるタイプ:バーチカルブラインド)もあるので、お部屋の雰囲気、使い勝手で選択するといいでしょう。

羽根の角度を変え、光の入り方を調整できるのもブラインドの特徴◎

 

以上、カーテンの種類の紹介でした?

 

窓を多く取り入れるプランであれば、その分カーテンを取り付けることになります。

そうすれば、必然的にインテリアの印象も大きく左右するでしょう。

カーテン生地やタイプはもちろん装飾の種類なども様々❕

★【こんなの知ってる?カーテン装飾】の記事はこちら

また、取り付けるカーテンが多くなれば、もちろん資金計画にも影響が出てきます?

自由設計の注文住宅であれば資金計画は大事なポイントです。

資金計画が計画通り進めれる秘訣が記載されている記事、

★【知らないと怖い!自由設計の注文住宅に掛かる総費用の内訳とは?】はこちら

 

「トータルコーディネートがされた自由設計の注文住宅で検討したい!」「資金計画について相談したい!」と思われた方は、是非展示場に遊びにいらしてください?

★展示場の紹介はこちらから★

★展示場への来場予約はこちらから★

コチラの記事もおすすめ!