愛知・岐阜・三重であなたの理想を叶える、自由設計の注文住宅 | アキュラホーム

名古屋・日進・春日井・一宮新築注文住宅コラム 住宅も「大は小を兼ねる」?

2021/2/21

名古屋市・日進市・春日井市・一宮市近郊で新築住宅をご検討中のみなさま、こんにちは!
『大は小を兼ねる』ということわざがありますが、愛知県で新築住宅を建てる時も大きい建物が良いのでしょうか?

実際には名古屋市・日進市・春日井市・一宮市近郊の新築住宅状況では、コンパクトな住宅の需要が増えています。
それは、近年土地の価格が高騰し、予算にあった土地を探しそこに住宅を建築するとなると、面積が狭くなりがちになるためです。
さらに、核家族化がすすみ、LDKと洋室3部屋程度の注文住宅で充分というご家族が多いと言うこともあげられます。

新築住宅を建てるときに安易に『大は小を兼ねる』と考えるととても危険です。
理由は、固定資産税、補修費用、光熱費、家を建てる時の建設費用、がより高くなるからです。

せっかく新築住宅を建てるのだからと、とても大きい納戸を作ったが、その中のものはほとんど使わなくなり、どこになにがあるか忘れてしまったという話を聞いたこともあります。
洋服などを着ないまま納戸にしまいっぱなしにしてしまうことなどよくありますよね。
せっかく夢のマイホームを建てたのに、必要のない空間ができてしまうことになります。

名古屋市・日進市・春日井市・一宮市近郊で新築住宅を建てるのなら、シンプルな暮らしがお薦めです。
シンプルに暮らそうとすると本当に必要なものを厳選して購入するようになり、本当に価値のある物だけを使って生活していけます。
そして、最低限の収納スペースで済むので、結果としてお部屋のスペースを広く取ることもできるのです。

詳しいお話しが聞きたい方は、アキュラホームまで、お気軽にお越し下さい。
ご来場お待ちしております↓

コチラの記事もおすすめ!