愛知・岐阜・三重であなたの理想を叶える、自由設計の注文住宅 | アキュラホーム

「ウッドショック」の中でも、賢く家を建てるには⁉

2021/6/15

(※2021/06/18 画像を追加しました)
(※2021/07/30 加筆修正しました)

名古屋市・日進市・春日井市・一宮市・岐阜近郊で新築注文住宅をご検討中の皆さん、こんにちは。アキュラホームです。

名古屋市・日進市・春日井市・一宮市・岐阜近郊で新築注文住宅をご検討中の皆さん、「ウッドショック」をご存知でしょうか?

現在、テレビやネットのニュースで話題となっている「ウッドショック」。
名古屋市・日進市・春日井市・一宮市・岐阜近郊で家を建てようと検討されている方にとっては、「住宅の完成が遅くなる」だとか、「購入価格が高くなるのではないか」と心配されている方も多いのではないでしょうか。

ウッドショックとは?

昨年から世界的にコロナウィルスが流行しています。
それにより在宅勤務が推し進められたことは、名古屋市・日進市・春日井市・一宮市・岐阜近郊で新築注文住宅をご検討中の皆さんもご経験のことと思います。

特にアメリカでは、在宅勤務になったことにより、オフィスに近い都市部に住んでいた方が、よりよく過ごせるようにとリフォームを行ったり、郊外で一戸建ての住宅を建てるケースが増えました。
アメリカの住宅業界は「コロナ特需」として、木材を大量に購入したのです。
また、中国でも住宅の需要が伸びており、今後の需要を見込んで木材を大量に購入されていました。

山火事などでもともと木材が不足していたところ、コロナ対策で木材製作所も休業していた中でこの動きが始まったため、

  1. 木材の流通量が不足したことによる、木材価格の急騰
  2. 木材を輸送するコンテナの不足により、輸送遅延・輸送費の高騰

を招きました。

名古屋市・日進市・春日井市・一宮市・岐阜近郊で新築注文住宅を建築する際には、輸入木材が使われるケースが多いのですが、名古屋市・日進市・春日井市・一宮市・岐阜近郊で新築注文住宅を請け負う業者が、手に入れたくても、手に入れられない状況となってしまったのです。

また、国産材も急な需要に対応が追いついていないため、「木材が足らない」状況が起こっています。

そのため、住宅業界では「値上げ」を検討する企業が多数出ています。
なぜなら、原価と販売価格は連動するため、価格が高騰した分は価格に積み上げられるからです。

また、資材を入手できないことから、契約をしても家が建つまでのスケジュールが先延ばしになるなどの影響も出ています。

名古屋市・日進市・春日井市・一宮市・岐阜近郊で新築注文住宅を請け負う業者の一部は、窮地に追い込まれています。

ウッドショックの中でも、賢く家を建てるためには?

 

①メーカーを早めに決定する

②工程を決める(着工・完成)


名古屋市・日進市・春日井市・一宮市・岐阜近郊で賢く新築注文住宅を建築するためには、ハウスメーカーを早めに決定し、工事着工から完成までのスケジュールを確定させることが重要です。
スケジュールがはっきりすることで、メーカーも木材を確保するために迅速に動くことができます。

 

当社は創業からコストダウンを続けてきている会社です。
今回も施策を講じているため、まるまるお客様に値上げになった分を上乗せするということはいたしません。

これまでコストダウンの知恵を積み重ねてきたアキュラホーム。
その知恵で、1995年には国土交通大臣賞受賞(旧建設省)、2005年に経済産業大臣賞を受賞しています。

年間受注棟数1800棟を数えるアキュラホームですが、無借金経営で成長を続けてきました。

また、アキュラグループは木造軸組み工法で40年以上、お客様の家を建ててきました。

「木」を扱うプロだからこそ、知恵と工夫でコストダウンを図る努力をしています。

これまで使っていた木材が使えなくなる可能性もありますが、構造計算をすることで、材料が変わっても安心の住まいにすることも可能です。
ですから、「木材が手に入らないから」とスケジュールを止めることなく、家づくりを行うことができています。

木材の値上げによる高騰分をお客様に上乗せするのではなく、知恵と工夫でコストダウンを図り、名古屋市・日進市・春日井市・一宮市・岐阜近郊で新築注文住宅を建てようとしているお客様の負担を軽減いたします。

木材価格は日々、変動し続けています。

迷われているのであれば、今が名古屋市・日進市・春日井市・一宮市・岐阜近郊で新築注文住宅を建てるチャンスです!

この機会にぜひ、アキュラホームにご相談ください!!

コチラの記事もおすすめ!

コチラの記事もおすすめ!

コチラの記事もおすすめ!

コチラの記事もおすすめ!